鳥海山・大平コース

2019.5.4
L.S芳,K藤,S永,他1

 翌日の湯の台コースにはたくさんの参加希望があったようだったが,私は田植えの都合でこの日のみが可能であった。メンバーを募ってみると,3名が応じてくれたので,車1台で向かうのに丁度良かった。
 ブルーラインは8時開通なのだが,到着してみるとすでに長蛇の列となっていた。大平山荘上の駐車スペースはやっと駐められた状況なので,ある程度並ぶことは覚悟せねばならないようだ。このコース,基本的にはダラダラなのだが,出だしだけいきなりの急登だ。
画像

画像


 メンバーのSさんはスキーの達人だが,冬はゲレンデのみで,山スキーは実は初めてだ。初めての山スキーで,いきなりの急登はさすがにつらかったらしい。
画像


日本海を背に快適に高度を稼ぐ。この上ない天気に恵まれた。
画像


新山が見え始めた。
画像

画像


稲倉岳。徒歩の登山者もバックカントリー並みに多い。
画像


山頂が近づいた。御浜小屋付近より。このあたりをゴールとする登山者も多い。
山頂を目指すには,尾根づたいか,千蛇谷に下るかだが,我々は当然雪が繋がっている後者を選ぶ。
その下り方も二通りある。
画像


七五三掛けから下るのが一般的だが,小屋のすぐ先から壁をトラバースすることにした。ご覧の通り,トレースは少ない。
画像


千蛇谷からの稲倉岳
画像


千蛇谷を登る。景色を楽しむなら断然こちらがお勧めだ。
画像


荒々しい外輪山の壁
画像


山頂手前はやはり急登。登っている間に何組か滑り降りていったが,決して多いわけではない。登もほとんどいなかった。
画像


急登を終えて。山頂は間近だ。
画像


新山山頂より。登山者で賑わっていたが,ほとんどが祓川からのようだ。中島台方面や新山北面も魅力的だ。
画像

画像

画像


滑降開始。会員のN里さんのご主人Tさん。スキーの腕前は一流だ。
画像


至福のひととき。
画像


とはいえ,このコース,決して甘いコースではない。その一つが外輪山への登り返し。担ぎたくなければそれだけ急斜面のトラバースを強いられるのだが,ルート取り,トラバースの技術は高いものが求められる。残念ながら2名ほど滑落していきました・・・。
画像


かなり時間をかけて,やっと壁の上に集結。とんだアルバイトだ。
画像


あとは,日本海に向けて滑り降りるだけ。ただ,傾斜が緩いので滑りはたいしたことはない。
画像


ブルーラインが見えるとゴールは近い。傾斜を利用して腐り気味の雪を蹴散らしゴール。
充実の1本でした。
画像


8:40ブルーライン~13:40新山山頂~15:50ブルーライン

佐藤芳 記







 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック