障子ヶ岳東面スラブ登攀

2020.6.28 L.佐藤、高橋、松田  障子ヶ岳の東面スラブについては、1970年代に仙台山岳会を中心としたメンバーにより、稜線より下降してスラブやルンゼを登攀がなされたという話は聞いていた。しかし、沢登り中心の山行スタイルであった私にとって値稜線からの下降という想定は考えられず、沢登りの延長で、過去2度ほど計画したことがあ…
コメント:0

続きを読むread more

不忘山 前烏帽子岳より

2020.6.14 Y.S(後烏帽子まで単独) 6月の会山行は、会員のみで行う不忘山集中としたところ、なんと9コースに分散した。私は、前烏帽子からのコースを提唱したが、賛同者は誰もいなかった。同様に単独となった秋山沢コースのK氏を登山口に降ろし、単独で出発する。登山道が荒れていることを心配したが、思いのほか踏まれていた。…
コメント:0

続きを読むread more

南蔵王縦走

2020.5.31 佐藤(単独) 少し前に遡っての記録。緊急事態宣言が解除され一斉に登山者が帰ってきた。蔵王に様子を見に行ってみると、7時過ぎには刈田峠の駐車スペースはほぼ満車になっていた。まだ花のシーズンには早いがとりあえず南蔵王縦走路の様子を見てくることにした。 天気はよい。前山の登りからの飯豊連峰。 …
コメント:0

続きを読むread more

不忘山 ジャンボリーコース

2020.6.14  9班に分かれた不忘山集中、我々4人はジャンボリーコースをスタート。 予想以上に天気に恵まれました。 コロナ過で久々に山を歩く人も居て、ゆっくり歩きます。 馬ノ神岳の山頂付近。 登山道わきのチングルマ。 疲れをいやしてくれます。 水引平では軽くモグモグタイム。 …
コメント:0

続きを読むread more

月山北面スキーツアー

2020.4.12 L.y.s、a.k、y.f、t.k  感染症の流行で山も自粛ムードなので、人があまり入り込まないコースということで、月山の北面を計画した。移動の車中も密にならないように、今回ばかりはメンバー限定だ。とはいえ、姥沢から月山まではそこそこに人はおり、駐車場には県外ナンバーも目立つ。 この日は直前の降雪で…
コメント:0

続きを読むread more

中央蔵王・丸山沢

2020.4.4 L.y.s(m)、a.k(m)、t.k(w)、e.h(w)、t.s(m)  毎年恒例の丸山沢滑降であるが、噴火騒ぎの影響で表沙汰にするのがはばかられた時期があった。最近はそれほどでもないが、入山者はかなり少なくなっている。加えて今年のこの寡雪である。心配な要素はあったが、エスケープのあてもあったので、声を…
コメント:0

続きを読むread more

登山講習会1 雪上訓練

2020.3.29 L.Y崎、S藤、T中、F堀、M田、S間哲、一般参加2  2020年度の会主催登山講習会の第1回目は雪上訓練。会員向けの基礎講習会だが、希望があれば一般の参加も受け付けている。冬季は山スキーや、東北の雪山歩きをメインとしている我が会なので、ピッケルやアイゼンを使う雪山登山を行うことはほとんどない。ただ、技術とし…
コメント:0

続きを読むread more

越後駒ヶ岳

2020..3.21 L.S芳、M浦、F堀、K内、N里、中Z貴、S哲、A島 皆が期待していた3月の3連休であったが、東北の山はあまり期待できる天気ではなかった。 早々に泊で黒戸尾根を計画していたメンバーは別として、宙ぶらりんの会員が多数いたとものと思われる。 突然の計画、しかも白石から遠く離れた越後駒で誘ってみたところ、瞬時…
コメント:0

続きを読むread more

残雪山行 船形山

2020.3.15(日)  【スキー班】L:K内 SL:S藤茂 K藤 S藤芳 T橋 S間 他2名 計8名 【歩き班】 L:N里 SL:T中 K村 I端 F田 F堀 T谷 計7名 総勢15名   今年の残雪山行は船形山だったが今年の異常な雪不足で心配だった。 その為例年の車の乗り入れは内水面水産試験場までだが今年は旗坂キャンプ場…
コメント:0

続きを読むread more

南蔵王循環

2010.3.7 L.S芳、K藤、中S博、中S貴(南蔵王循環) L.F堀、T矢、S間哲、S藤(不忘山往復)  我が会のお膝元であり、毎年必ず行っている山スキー循環である。雪の多い年はコガ沢を下まで下るのも定番だが、昨年、今年と極端な寡雪で、沢滑降は最初から諦めだ。  不忘山往復の4人と一緒に白石スキー場を出発する。 …
コメント:0

続きを読むread more

赤見堂岳(敗退)

2020.2.29 L.S藤、F堀、N里H、N里T  朝日北方稜線上の赤見堂岳は、これまで六十里越から3度ピークを踏んでいるが、支尾根がらは登ったことがない。今シーズンの寡雪が不安ではあったが、天気は良さそうなのでチャレンジしてみることにした。ルートは下山でも使ったことのない小桧原沢の右岸尾根とした。  大井沢地区も本…
コメント:0

続きを読むread more

会津駒ヶ岳

2020.2.24 L.K泉、Y崎、S藤、K内、K川、他2  昨年、南会津に転勤になったK氏の企画会津駒。便乗させてもらう。前日は南会津は大雪だったとのことだが、この日は、昼過ぎからは晴れの予報であった。  国見からほぼ2時間で田島へ。そこで合流し、さらに1時間ほどで登山口だ。以前5月初旬に登ったときは、しばらくスキー…
コメント:0

続きを読むread more

五色岳東稜

2020.2.16 L.S藤,T橋,Y崎,F田,K村  仙人沢でアイスクライミングの予定であったが,氷が溶けてもはや登れないとの情報。 代替え案は五色岳東稜の岩稜登攀。新入会員のKさんを交えた5名で向かう。下界は霧雨模様。 後見ゲレンデ付近はガス酔いしそうなほどの濃霧。「ガスを抜けろ」と念じていると・・・。  …
コメント:0

続きを読むread more

会山行・安達太良山

2020.2.2 歩L.M上,F田,M浦,S間,T中,M戸,N里,A島,T矢,Y崎,K村,他1 スL.K藤,S藤,T橋  2月の会山行は久しぶりの安達太良山だ。15名が参加したが,雪不足を懸念してか,スキーはたった3名である。ここでは,スキー班の目から見た今回の山行記録を掲載する。ルートは勢至平,くろがね小屋経由の反時…
コメント:0

続きを読むread more

2020.1.26 快晴の安達太良

1/26 快晴の安達太良に行ってきました。安達太良は普段から風がある山なのにこの日は微風。青すぎて、群青色のような空の下で白銀の世界を楽しんできました。しかし、ほんとに今年は雪が無いですね!雪に一面覆われていたのは山頂付近だけ。今頃ならあちこちに山スキーのシュプールが描かれているはずなのに、さびしいことですね。 (F田)
コメント:0

続きを読むread more

唐松岳・八方尾根

2019.12.28~29 L・M浦、F堀、M戸、T中、K内、I幡、N里、N貴。 歩き4名、山スキー4名の構成。前日に山荘に一泊、朝食後に山頂を目指しました。 赤く染まった鹿島槍ヶ岳。 雪は少ないものの風は弱く快晴。 全員笑顔でスタートです。 極上のロケーション。 北アルプスの山並みを背景に、楽しみながらゆっくり登ります…
コメント:0

続きを読むread more

八ヶ岳・赤岳主稜

2019.12.29 L.S藤,T橋,A島,M田,S村  この日は好天が約束されていたので,赤岳を目指すことにしていた。となるとルートは限られる。主稜はこのところ,毎年のように登っているので,南峰リッジあたりも提案したが,短いしグレードも低めということで却下される。結局主稜となるわけだが,昨年は極寒・風雪のコンディションだったの…
コメント:0

続きを読むread more

雁戸山

2020.1.13 L.Y崎、S藤、T橋、M田、M浦、I幡、N里、T中、M上 せっかくの3連休だが、今年は暖冬でアイスクライミングにもスキーにも適さなさそう。 そこで、歩行で楽しめそうな雁戸山へ。 入山当初は雪が少ない。林道を進む。 稜線手前の樹林では霧氷がきれい。 冬ルートとしての稜線上はまだ雪が少なく…
コメント:0

続きを読むread more

八ヶ岳・裏同心ルンゼ

2019.12.28 L.S藤,T橋,A島,M田,他1  久しぶりに2泊できる年末の八ヶ岳山行がとても楽しみだった。アイスを中心にするか岩を中心にするかで装備が異なるので,あれこれ悩んだが,新人や初バリエーションのメンバーもおり,暖冬で大同心大滝は期待薄ということもあり,結局両方をつまみ食いということで落ち着いた。  1日目は…
コメント:0

続きを読むread more

那須・朝日岳東南稜

2019.12.15 L.S藤,A島  このところ毎年のように訓練に出向いている朝日岳東南稜だが,なぜかこの日は2名だけとなった。 弱い冬型で,風が強いのは予想できたが,計画通りに出発。  駐車場は-5度ほど。強風で小物がとばされたりして準備段階から苦戦。雪は申し訳程度だ。  車道をショートカットしながら進むが,こ…
コメント:0

続きを読むread more