赤湯俣沢~虎毛沢

2019.7.13~14 L.Y.S,K.T,S.T,H.Y,H.A,K.I,C.F 8名  この3連休は北岳バットレスの予定であった。しかし,どうにも天気が良くない。岩のルートも捨てがたかったが,結局東日本で天気がましなのは山形,秋田あたりということで,前日にルートを決定した。一般コースも含めて,北岳組8名全員が参加ということ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7月会山行 役内川・三滝沢

2019.7.7 沢L Y.S,K.T,S.T,Y.Y,H.A,K.I  尾根班は9名で新庄神室山頂を目指したが,同じ山頂を目指す適当な沢がなく,R108を挟んで反対側の高松山域三滝沢を目指すこととなった。容易な沢と聞いてはいたが,シーズン初めだし丁度いいかもしれないということで・・・。  ツブレ沢沿いの踏み跡を辿るが,や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年7月7日 最上川源流吾妻松川中流域沢登り

 福島岳連の募集山行で松川の中流域に入ってきました。梅雨空の霧雨の中、大平集落をぬけ不忘閣ヒュッテ跡地に駐車。そこから秘密の下降ポイントへヤブ漕ぎ。ポイントから300mのクライムダウン。雨でつるつる滑る笹やぶやガレ場の急斜面の落石に難儀し、最後は枝沢を降り出発から1時間半で松川に入渓。噂通り沢の色は不思議なミルキーブルー。       …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7月の会山行・新庄神室

会山行7.7(日) (L)M浦、(SL)F堀、S木勝、S間哲、S間静、M戸、S永、Y田、I垣、9名 沢コース7:35 第一渡渉点8:00 第二渡渉点8:15 第三渡渉点9:10 御田ノ神10:40 西ノ又コース分岐11:20 神室山11:40 避難小屋11:45 神室山12:20 前神室山13:25 第二ピーク14:20 第一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月公募山行・障子ヶ岳循環

2019.6.23 (日) 1班 会員 (CL)K内、(SL)S間静、S芳、T中、S間哲、 F田、S木英、A島、S永 9名  一般6名 2班 会員(L)F堀、(SL)M戸、Y崎、I幡、O場、N里、S木勝、S藤 M浦 9名 一般5名 総勢29名 林道終点登山口7:30 大クビト9:15 紫ナデ11:00 障子ケ岳12:15~12…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飯豊山

2019.6.3 佐藤芳(単独) 昨年夏に門内小屋1泊で朳差しと大日を往復した山行は,自分としては満足度の高いものであった。今回,御西まで往復できれば,主稜線のあらかたをつなげることができるので,平日の代休を利用して出かけることとした。とはいえ,前日は○○会のため,出発は遅め・・・。 7時過ぎに大日杉を出発。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩登りトレーニング・鎌倉山

2019.6.1 L.Y樹,A島,I幡,F田 大雨の翌日であったが,訓練の声掛けをしたところ,3名が応じてくれた。 はじめに,荷物置き場のすぐ上で基礎訓練。 ルートに入るも,下部は濡れており思わぬ難儀をする。 左カンテ2ピッチ目 2名ずつの2パーティーに分かれて登る。 P1ダイレクトルー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳥海山・大平コース

2019.5.4 L.S芳,K藤,S永,他1  翌日の湯の台コースにはたくさんの参加希望があったようだったが,私は田植えの都合でこの日のみが可能であった。メンバーを募ってみると,3名が応じてくれたので,車1台で向かうのに丁度良かった。  ブルーラインは8時開通なのだが,到着してみるとすでに長蛇の列となっていた。大平山荘上の駐車…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019 4/7女神山~御幸山縦走

 福島県の伊達市、川俣町の女神山~堀沢山~月舘町の御幸山まで縦走してみた。実は2018年初冬に御幸山~堀沢山までは歩いていたが時間切れで女神山まではいけなかった。今回は女神山から逆に歩いてみた。といっても登山道があるのは女神山山頂まで。そこから先、御幸山まではGPSとコンパスで自分のルートを探しながらになる。別名、七つ森山ともいわれるア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北穂高

平成31年4月27~29日 L.佐藤,高橋,山崎,川内 連休前半はパーティーが分散したが,我々4名は穂高を目指した。涸沢定着で,北穂東稜と前穂北尾根を狙おうというわけだ。まったく楽チンな計画だと思っていた。ところが・・・ 入山時から天気が悪く,風花が舞っていた。涸沢ベースキャンプは厳冬期の様相で,この時点で気持ちが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年5月27日九重連山・大船山~平治岳

今年も九州のミヤマキリシマを楽しみに大分県の九重連山、昔の歌で有名な坊がツル~大船山~平治岳を登ってきました。残念ながらまだミヤマキリシマには少し早いようでした。 長者原(ちょうじゃばる)から登山道へ 坊がツルと大船山 大船山への登りから振り返る 立中山が薄紅のミヤマキリシマに染まる 坊がツルと三俣山 遠く双耳峰の由布岳が見え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019/05/19 前ヶ岳南壁第2スラブ登攀

会津の金山町と新潟県の境に本名御神楽岳があり、その南に派生する尾根のピークが前ヶ岳。今回は会越の谷川岳とも称されるスラブを登攀してきました。 雪渓が沢を埋める辺りから入渓 スラブが見えてくる 攀じ登るSさん 少しずつ斜度が立ってくる もうすぐ稜線 稜線からの眺め 帰りは新緑と残雪、花を愛でながら
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成31年3月10日(日)磐梯山東壁登攀

2019.3/10 天候・快晴                                                           コースタイム・リフト8:30=リフト終点9:10~沼の平10:20~取付き11:00~岩場12:20~磐梯山頂上13:50~東尾根下山センターハウス着16:20               …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月会山行・月山(スキー班)

4月の会山行は久しぶりの月山。スキー班・歩行班あわせて19名が姥沢に集結した。 歩行班は月山往復の後,スキー班の車サポート。スキー班は湯殿山スキー場までの縦走。 天気は申し分なし。2班合同でスタート。こちらは歩行班。 目指す月山。 柴灯森山頂で。ここまで1時間弱。 スキー班はここからしなくら山へ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロバの耳南東尾根

2019.3.31 L.s藤,t橋 f堀,t中,y崎,m上,a島,k内,m浦,n里,s間,m田  山岳会の雪上訓練。  その応用編としてルートを登った。冬季限定のルートで,最後が岸壁帯となる。  ひよどり越より取り付く。堅く締まっていると楽しいのだが,降雪直後でコンディションは良くない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲子・旭岳

2019.3.17 L.s藤,t橋,y崎,a島,s間哲 数年前に,甲子トンネル西側からのチャレンジを試みて,悪天とアクシデントに跳ね返された未踏のピークである。作戦を練り直し,スキーを捨ててリトライ。取り付きを別な尾根にしました。 考えることは同じようで,同ルートを直前にトレースした情報がありました。その情報を元に,ス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四段山・箕輪山東壁ダブル

安達太良山の鉄山西尾根は通称四段山と呼ばれ,山スキーヤーに人気のエリアだ。しかし,スキー場のリフトを利用すると登高高度もそれほどでなく,昼頃には終了するやや物足りないコースでもある。安達太良を縦走ピストンする仲間の車も巻き込んで,箕輪山東壁滑降と組み合わせた計画を立てた。みのわスキー場より歩き始める。 天気に恵まれ,目指すルー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中央蔵王循環

2019.3.3 L.s藤,t橋,m上,y崎,n里  20年ほど前に私(y.s)が開拓したコースである。当時は雑誌などにも取り上げられた。その後は何度か会員と山行をともにしている。コースそのものは既存のクラシックコースだが,文明の利器を活用することによって中央蔵王を1日で歩きまくり,滑りまくることができるのである。 まずは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不忘山~馬ノ神岳

2019.3.2 L.s藤,k藤,k内,a島,k泉 L.t中,i幡(不坊~水引循環) L,h堀,m戸(不忘山往復)  今シーズンは雪が少なく,白石スキー場の各コースは土が見え始めている。リフト券消費のために南蔵王を計画したところ,存外多くのメンバーが集まった。スキーと歩行の混成チームでトライした。写真は不忘山頂にて。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仙人沢アイスクライミング

2019.2.23 L.t橋,a島,n里,f田,y島,s藤,h田,h川 今シーズン最後のアイスクライミング。氷は柔らかく,良好なコンディションでしたが,亀裂が入ったり,かなり薄くなっている部分がありました。 リーダーはリードで大氷柱完登。 アイスボルダーをリードで登るA氏。 大氷柱に挑むNさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more